■ スコアの付け方


同じストライクでも、出すタイミングで獲得できる点数は違うということはご存知ですか?
せっかくスペアを取っても、その次の投球によって、やはり加算できる得点は異なります。
最近はオートスコアラーを導入しているボウリング場がほとんどで、自分でスコアシートに記入する機会はあまりありませんが、点数計算のルールを知ることで、作戦を練ったり駆け引きを楽しんだり…ゲームの面白さはグンとアップします。
ぜひ、スコア計算の基本を覚えて下さい。


ボウリングの1ゲームには10フレームあって、1フレームにつき2回ずつ投げられます(ストライクのときは1回だけです)。
10フレーム目は、ストライクかスペアを出すと3回投げられます。
ストライクは、10本のピンを1回で倒すこと。1フレームのうち2回目の投球ですべて倒しきることをスペアといいます。
2回の投球で倒した本数がそのフレームの得点になりますが、ストライクとスペアを出したときは例外です。

スペアの場合は次の投球、ストライクの場合は2球先までの得点を加算することができます。

たとえば1投目で7本、2投目で2本を倒した場合、そのフレームの得点は9点になりますが、2投目でスペアを取ったら、そのフレームの得点は10点ではなく、次の投球で倒した本数も足せるのです。

ストライクの場合は、2球先まで足せるので、下記のようになります。



ストライクは、単発ではなく続けて出すと高得点が得られるのです。
ちなみに、1フレーム目から10フレーム目までの12球がすべてストライクの場合は、得点が300点満点となり、それを「パーフェクト(ゲーム)」といいます。




 ストライク 1投目で10本倒したとき。
 スペア 1投目で残ったピンを2投目でぜんぶ倒したとき。
 ミス 2投目でスペアがとれなかったとき。
 スプリット 1投目で1番ピンを除く2本以上のピンが間隔をあけて残ったとき。
数字を○で囲みます。
 ガター レーンの両サイドにある溝(ガター)にボールが落ちてしまったとき。
「ガーター」とのばしてしまいがちですが、正しくは「ガター」です。
 ファール アプローチ(助走するスペース)とレーンの間にあるファールラインを踏み越えるのは反則、ピンが何本倒れても得点にはなりません。
出展元:社団法人日本ボウリング場協会
当サイト内に掲載されている写真・動画等の無断転載を固く禁じます。
ボウリング基礎知識
・ボウリングの歴史
・ボウリング用語
・ボウリングのマナー
・スコアのつけ方
これから始める方へ〜初級者
・ハウスボールとシューズについて
・アプローチとスイング
・ピンボウリングとスパットボウリング
中級から上級者(AVE150〜)
・ストレートボールとフックボール
・スペアボール利用の進め
マイボールのすすめ
・マイボールとハウスボールの違い
ローダウン
・はじめに 永野すばる流のローダウン..
・ローダウンのアプローチと斜行
・投球フォーム上半身解説
・超重要 ローダウンでのリリース
・ローダウン練習方法
その他
・皆様からの投稿とプロのアドバイス
・ボウリング教室について
メンバー登録はこちらから
記事投稿等を行う場合は登録が必要です。
お名前
e-mail
パスワード
リンク
【 相模原パークレーンズ 】
私、永野のホームセンターです。
オンラインショップなどの担当させて頂いております。ぜひご利用下さい。
【 ホームページ制作 POOSNET 】
こちらのページも制作していただきました。

パークレーンズ WEBボウリング教室
永野すばるプロがシリーズ掲載!

POOSNET(C)
Powerd by POOSNET